3DS(口腔除菌療法)

ウイルス感染症予防に

世界的権威のあるランセット誌によると、
新型コロナウイルス肺炎の死亡者の半数が口腔病原菌による細菌性肺炎(誤嚥性肺炎)を発症しており、
生存者の99%は発症していないことが分かりました。
ウイルスの侵入を許さないと同時に、
細菌性肺炎を防止することが非常に重要になってくるのです。

町田北口歯科では、2つの理由で患者様にプロによる定期的な口腔ケアと
3DS(オフィス&ホーム)をお勧めいたします。

  1. 口腔からのウイルス侵入防止のため
  2. 侵入後の細菌性肺炎(誤嚥性肺炎)の防止のため

3DS以外にもウイルス感染予防のために出来ることはあります。
舌が感染のレセプターになっており、
歯周病菌素(プロテアーゼ)等がコロナウイルスの体内侵入を助けることが分かっています。
歯のクリーニングに加えて、適切な舌磨きも感染予防の効果が期待できます。
また、口呼吸をしないこと、口に不用意に触らないようにマスクをすることも大事です。

細菌性肺炎予防に関するモデル(鶴見大学歯学部探索歯学講座 花田信弘教授)

(クリックで拡大できます)

3DSとは

3DSとは、2000年に国立感染症研究所の花田信弘部長(現鶴見大学)等によって開発された、Dental Drug Delivery System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略です。
今までの歯ブラシや歯科医院でのお口の中のクリーニングだけでは取りきれなかった細菌(虫歯菌、歯周病菌など)を、口の中の歯周病菌や虫歯菌を減らすために専用の薬を、トレー(マウスピース)に入れて装着し短期的に疾患リスクを取り除き、その薬効で菌を減少させる最新の口腔内除菌法です。
薬剤は悪い菌を取り除くだけでなく、悪いプラーク(歯垢)の定着を集中的に抑えます。

3DS専用の、身体に害のない薬剤を使い虫歯菌を除菌します。口臭予防にも効果があります。

 3ds
お口の中にトレーを装着3DS用薬剤

歯原性菌血症

歯原性菌血症とは、お口の中の細菌(虫歯菌や歯周病菌など)が、歯茎の炎症箇所から血管内に侵入する現象です。
血管内に侵入した細菌は、変化し血管の内膜にお粥のような柔らかい沈着物となってたまっていき、内膜はどんどん厚くなります。このようにしてできた血管のコブをプラーク(粥腫)と言い、プラークができた状態を粥状(アテローム)動脈硬化と言います。
血管の内膜にプラークができると、血流が悪くなり、血管が少し収縮しただけで血流が途絶えて、その血管により酸素や栄養が送られている心臓や脳に症状が起こります。
この歯原性菌血症により動脈硬化・心臓血管疾患・糖尿病・肥満・骨粗しょう症・脳血管疾患・高脂血症などの全身疾患の原因となることがわかってきています。
虫歯や歯周病を治療せずに放置しておくと、そこから菌が入り込み全身へ巡ります。
また、毎日の歯磨きでも歯ブラシで小さな傷ができてしまうことが多く、そこから菌の侵入が生じる可能性が高いため、虫歯や歯周病が現状では無い方も、定期的な歯科医院への通院と3DSによる除菌が必要になります。

動画:30分でできる3DSの実践ダイジェスト版

PAGETOP