地域包括ケアシステム

地域の皆様のかかりつけ医になります!

超高齢化社会の到来と地域包括ケアシステムについて
(75歳以上の方へ)

私たちの社会は急速に高齢化が進行しています。
今後の高齢化の進行については、厚生労働省のホームページに
分かりやすく記載されていますので、抜粋します。

「日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しています。65歳以上の人口は、現在3,000万人を超えており(国民の約4人に1人)、2042年には約3,900万人でピークを迎え、その後も、75歳以上の人口割合は増加し続けることが予想されています。このような状況の中、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年(平成37年)以降は、国民の医療や介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。このため、厚生労働省においては、2025年(平成1237年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制『地域包括ケアシステム』の構築を推進しています。」(以上厚生労働省HPより抜粋)

地域包括ケアシステム
出典:三菱UFJリサーチ&コンサルティング「<地域包括ケア研究会>地域包括ケアシステムと地域マネジメント」 (地域包括ケアシステム構築に向けた制度及びサービスのあり方に関する研究事業)、平成27年度厚生労働省老人保健健康増進等事業、2016年

このように超高齢社会が進む日本において、高齢者が尊厳を保ち、住み慣れた自宅の環境でより良い暮らしを過ごせるように、厚生労働省では「地域包括ケアシステム」を推進しているのです。
「地域包括ケアシステム」とは人口1万人、ほぼ一つの中学校区に相当する地域の多職種の方々が協力連携して、地域の高齢者を包括的にケアしようというものです。これは医療費を削減すると同時に高齢者の幸福と健康寿命の伸長を実現する社会的貢献度の高いシステムです。
当医院では、この方針に則って地域の様々な職種の方々と連携し、歯科医療を通じて地域医療に協力しています。
皆様の住み慣れた地域のかかりつけ医として歯のことは何でもご相談ください

高齢者の口腔ケアは非常に重要です。
高齢者の健康に対する口腔ケアの効果が高いことはすでに様々なデータで明らかになっていますが、以下の資料は厚生労働省HP専門医院提出資料より抜粋したもので、千葉大学医学部附属病院で明らかになった、入院患者に対する口腔機能管理の重要性を示すデータです。
口腔機能の管理(単なる口腔清拭だけではない)を、非管理群と管理群に分けて在院日数を比べたものです。いずれの診療科でも、在院日数の削減効果が有意に認められ、入院患者に対する口腔ケアの重要性がよくわかります。このデータは、体力や免疫力の低下した高齢者には、口腔ケアがより一層死活的な問題であることを示しています。

口腔機能の管理による在院日数に対する削減効果
厚生労働省HP専門医院提出資料より

PAGETOP